1. TOP
  2. エンタメ
  3. 失恋をした男性におすすめしたい”たった1本”の映画

失恋をした男性におすすめしたい”たった1本”の映画

失恋した男性のイラスト

こんにちは。郡山ナビ編集部です。

今回は”失恋を経験し、失意のどん底にいる男性”へおすすめしたい1本の傑作映画をご紹介します。

大好きな人にフラれてしまうことは、本当に辛く、切ないことですよね。

気持ちを切り替えようと思っていても、なかなか忘れられず・・・。

長い期間に渡って引きづってしまう方も、決して少なくないのが現状ではないでしょうか。

この記事でご紹介する映画は、ラストのたった5分で「ある特別な考え方」を教えてくれます。

たとえどんな失恋をしても、見方や考え方を変えることで、希望があふれてくる。

そんな”きっかけ”を与えてくれる作品なので、失恋で落ち込んでいる時に、ぜひ鑑賞してみてください。

96分後、あなたが少しでも前向きな気持ちになっていることを願いつつ。

スポンサーリンク

失恋による”気付き”を見事に描いた映画「(500)日のサマー」

(500)日のサマー

失恋をした男性におすすめしたい”たった1本”の映画はズバリ、2010年1月に日本で劇場公開された「(500)日のサマー」という映画です。

サマーとは、この映画に登場するヒロインの名前です。

そして”500日”は、主人公である男性のトム・ハンセンが、サマーと出会ってからの日数を意味しています。

 

一体なぜ「(500)日のサマー」が失恋した男性におすすめなのか

一体なぜ、この「(500)日のサマー」という映画が、大きな失恋を経験し、なかなか立ち直れずにいる男性におすすめなのか。

その理由は、「失恋を乗り越えられる”普遍的な考え方”を教えてくれるから」です。

失恋を経験した時。

相手のことが好きであればあるほど、悲しい想いをします。

でも、それは考え方や生きてきた環境が異なる男女において、誰にでもあり得ることです。

大切なのは、失恋を広い心で受け止め、次に進むこと。

そして視野を広く持ち、偶然という名の出会いを活かしていくこと。

このような気持ちを変化させるための”きっかけ”を教えてくれる映画が、この「(500)日のサマー」なのです。

 

映画「(500)日のサマー」の冒頭のみのあらすじ

映画「(500)日のサマー」の”冒頭のみ”のあらすじをまとめました。

ネタバレにならないように、最初の10分ぐらいまでの内容で留めています。

– – – – – – – – – – – –

「(500)日のサマー」のあらすじ(冒頭のみ)

建築家になることが夢だったトム・ハンセン。しかし、今現在はロサンゼルスのグリーティングカード会社で働いていた。

運命の女性との恋愛を夢見ていたが、現実は違う。恋をすることなく、地味な生活を送っている。

そんなある日、トムのオフィスに新しい秘書がやってきた。

彼女の名前は、サマー・フィン。

トムは魅力的な雰囲気があるサマーに、一目惚れしてしまう。

そして偶然にも、エレベーターでトムとサマーが乗り合わせた。

そこで音楽の趣味が合うことがわかり、2人は少しずつ距離を縮めていくのだが・・・。

– – – – – – – – – – – –

作品では時系列を少し入れ替えており、ラストが気になる展開になっています。

トムは”運命の女性”だと感じたサマーとの出会いで、何を感じ、どのような成長を遂げるのか。

その進化を垣間見せるのが、サマーと出会ってから”500日目”になるのです。

ラストの10分だけでも、十分に見る価値がある映画だと思います。

ちなみにこの「(500)日のサマー」は、動画配信サービスのユーネクストでも公開されています。

2021年9月時点では199円分のポイントが必要になるのですが、無料トライアルを利用すると、600円分のポイントが付与されます。

このポイントを利用して、(500)日のサマーを鑑賞することも可能です。

ユーネクストの公式サイトはこちら

また2010年に日本で公開されたちょっと昔の映画だけに、DVDも比較的安く販売されています。

映画「(500)日のサマー」のDVD(楽天ブックス)はこちら

スポンサーリンク

 

(500)日のサマーの出演者と作品の詳細情報

(500)日のサマーの主人公であるトム・ハンセン役を演じたのが、数々のハリウッド映画に出演しているジョセフ・ゴードン=レヴィットです。

またヒロインのサマーは、ズーイー・デシャネルが演じています。

主人公のトム・ハンセン役はジョセフ・ゴードン=レヴィット

プレミアム・ラッシュ

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは、クリストファー・ノーラン監督作品の「インセプション」や「ダークナイト ライジング」で重要な役どころで出演しています。

アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス出身で、1981年2月17日生まれ。

身長は177cmと公表されており、2014年に結婚。二人の男の子のパパでもあります。

1988年から活動しており、主演した映画も少なくありません。

品のある立ち振る舞いがとても魅力的で、演技の幅も広いです。今後の活躍が益々楽しみな俳優さんの一人ですね。

※上の写真はジョセフの代表作の1つ「プレミアム・ラッシュ」です。

ジョセフが主演を務めた映画一覧

〇BRICK ブリック(2005年)

〇ルックアウト 見張り(2007年)

〇50/50 フィフティ・フィフティ(2011年)

〇メタルヘッド(2011年)

〇プレミアム・ラッシュ(2012年)

〇ドン・ジョン(2013年)

〇ザ・ウォーク(2015年)

〇スノーデン(2016年)

〇7500(2019年)

ジョセフが出演しているその他の映画

・G.I.ジョー(2009年)

・インセプション(2010年)

・ダークナイト ライジング(2012年)

・LOOPER ルーパー(2012年)

・シン・シティ 復讐の女神(2014年)

・プロジェクト・パワー(2020年)

2013年に製作された「ドン・ジョン」では、主演だけでなく監督と脚本も兼務しています。

 

ヒロインのサマー・フィン役はズーイー・デシャネル

ヒロインのサマー・フィン役を演じているのは、ジョセフと同じロサンゼルス出身のズーイー・デシャネルです。

1980年1月17日生まれで、父親のキャレブ・デシャネルは映画撮影監督として、姉のエミリー・デシャネルは女優として活躍されています。

「(500)日のサマー」以外の代表作には、「イエスマン ”YES”は人生のパスワード」などがあります。

ズーイー・デシャネルが出演している映画

・グッド・ガール(2002年)

・ケイティ(2002年)

・ハプニング(2008年)

・イエスマン ”YES”は人生のパスワード(2008年)

・ロック・ザ・カスバ!(2015年)

 

映画「(500)日のサマー」の詳細情報

原題:(500) Days of Summer

上映時間:96分

製作年:2009年

日本での劇場公開日: 2010年1月9日

映倫区分:PG12

配給:20世紀フォックス映画

監督:マーク・ウェブ

キャスト:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネル、クロエ・グレース・モレッツ、ミンカ・ケリー、クラーク・グレッグ、ジェフリー・エアンド、他

「(500)日のサマー」の映倫区分は「PG12」なので、12歳未満の子供達が鑑賞する場合は、保護者の指導や助言が必要とされています。

ちょっと過激な台詞も出てくるので、その点を考慮されたのかもしれません。

1時間36分で見れる映画ですので、ぜひチェックしてみてくださいね(^^♪

 

~よろしければ、こちらの記事もどうぞ~

サスペンス映画が好きなあなたにおすすめしたい洋画10選

郡山市で利用できる結婚相談所・婚活サイト特集

寮費無料の工場求人を探す時におすすめ!製造業に強い求人サイト

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

郡山ナビの注目記事を受け取ろう

失恋した男性のイラスト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

郡山ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

郡山ナビ編集部

郡山ナビ編集部

郡山のことをメインにまとめた情報サイト「郡山ナビ」をご覧頂きまして、ありがとうございます!郡山市のグルメや施設、イベントなど様々な情報を発信している郡山ナビ編集部です。取材等のご依頼がございましたら、運営者情報のページにあるお問い合わせ先までご連絡頂ければ幸いです。

関連記事

  • 「鬼滅の刃」がDMMコミックレンタルやユーネクストでも第1位にランクイン!

  • 福島県内の各テレビ局の公式サイトやSNS(facebook、インスタ等)のまとめ

  • 自宅で映画やドラマを見れる動画配信サービスのまとめ

  • 郡山市のツタヤの営業時間や店舗情報、ネットレンタルの特徴について

  • フジテレビの名作ドラマが見れる「FOD PREMIUM」とは?

  • 【音楽】元気を出したい時に聞きたい曲10選