1. TOP
  2. 郡山ナビについて
  3. MySQLのバージョンアップで「データベース接続確立エラー」が表示された際の対処法

MySQLのバージョンアップで「データベース接続確立エラー」が表示された際の対処法

Webサイトを運営し続けていると、「突然サイトが表示されなくなった!」などのトラブルに見舞われる場面が出てきます。

更新し続けているサイトは愛着が湧いてくるものですし、サイトが表示されない状態はいち早く解決したいものですよね。

今回筆者が直面したトラブルは、MySQLのバージョンアップで「データベース接続確立エラー」が発生したことです。

サイトが表示されないだけでなく、ワードプレスのログイン画面すら表示されなくなりました。

一体どうすれば、このトラブルを解決できるのか・・・。

今回は、MySQLのバージョンアップで「データベース接続確立エラー」が表示された時の原因や対処方法、解決策について、体験談を踏まえてまとめました。(※ちなみにサーバーは、エックスサーバーを利用しています。)

スポンサーリンク

MySQLのバージョンアップを行ったら、突然ワードプレスのサイト(郡山ナビ)が表示されなくなった!

当サイト「郡山ナビ」はワードプレスで運営しているのですが、いつも通りログインして記事を更新しようとしたところ、PHPのバージョンアップが可能であることを発見しました。

そこで利用しているエックスサーバーにログインし、PHPのバージョンを最新版にアップデート。

さらにデータベース管理システムである「MySQL」もバージョンアップできることを知り、アップデートしたところ・・・。

ワードプレスで運営している「郡山ナビ」が、突然表示されなくなったのです。

郡山ナビ(https://koriyamanavi.xyz/)を開こうとすると「データベース接続確立エラー」というメッセージが表示。

さらにワードプレスのログイン画面には、以下のメッセージが表示されていました。

– – – – – – – – – – – – –

データベース接続確立エラー

これは、wp-config.php ファイルのユーザー名とパスワードが正しくないか、あるいは 〇〇〇.xserver.jp のデータベースサーバーに接続できないかのどちらかを意味します。ホスティングサービスのデータベースサーバーがダウンしているかもしれません。

ユーザー名とパスワードに間違いはありませんか ?
正しいホスト名を入力しましたか ?
データベースサーバーは動作中ですか ?
こうした用語が何を意味しているのか分からない場合は、ホスティングサービスに連絡するべきでしょう。助けが必要であればいつでも WordPress サポートフォーラムを訪れることができます。

define(‘DB_HOST’, ‘〇〇〇.xserver.jp’);

– – – – – – – – – – – – –

頑張って運営し続けてきたサイトだけに、表示されない状態は出来るだけ早く解消したいです。

すぐに解決方法をリサーチしてみたのですが、なかなか答えに辿り着けず・・・。エックスサーバーの問い合わせフォームから、解決策が無いか尋ねてみました。

 

データベース接続確立エラーの原因は、「wp-config.php」の記述内容の不一致

エックスサーバーに問い合わせた翌日、担当者の方から以下のような要点の返信がありました。

– – – – – – – – – – – – –

〇「データベース接続確立エラー」は、データーベースを管理する「MySQL」と、利用しているPHPプログラムが接続できない時に表示されるエラーである。

〇原因としては、ワードプレスの「wp-config.php」というファイルの記述内容と、実際のデータベースの情報が一致していない事が考えられる。

〇「wp-config.php」内の以下の〇〇〇の部分を正しく入力することで、解決することが可能。

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘〇〇〇.xserver.jp’);

〇「wp-config.php」はファイルマネージャーやFTPソフトを利用して修正できる。

– – – – – – – – – – – – –

ということで、指摘された通りに「wp-config.php」の記述内容を修正することにしました。

 

エックスサーバーでは、ファイルマネージャーから「wp-config.php」を修正できる!

「wp-config.php」を修正する人

問い合わせの返信を読んだ時は、”一体どうやって「wp-config.php」を編集できるんだ!?”と思いましたが、調べていくうちにエックスサーバーのファイルマネージャーにログインし、その管理画面から編集できることが解かりました。

具体的に実施した手順は、以下の通りです。

– – – – – – – – – – – – –

1.エックスサーバーのファイルマネージャーにログインする

2.ワードプレスをインストールしたURLのフォルダを選択

3.public_htmlを開く

4.wp-login.phpにチェックを入れて、管理画面右側の「ファイルの操作」から編集ボタンをクリック

5.以下の△△△の部分を、〇〇〇に修正する

<誤>
/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘△△△.xserver.jp’);

<正>
/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘〇〇〇.xserver.jp’);

6.最後に保存ボタンを押す

– – – – – – – – – – – – –

この操作で無事にサイトが元通りに表示されるようになりました。なお、△△△と〇〇〇の部分は問い合わせの返信で教えて頂いたので、簡単に修正できました。

正しいMySQLのホスト名については、エックスサーバーの管理画面からも確認することが可能です。

今回の件でデータベース管理システムである「MySQL」のアップデートは、慎重に行う必要があることを勉強できました。

また万が一サイトが表示されなくなった場合に備えて、サイトデータのバックアップを取っておくことも重要だと思いましたね。

MySQLのバージョンアップで「データベース接続確立エラー」が表示された時に、ぜひこの記事を参考にして頂ければ幸いです。

よろしければ、こちらもどうぞ!

無料体験ができる人気のプログラミング・オンラインスクール

料金が安い人気のWi-Fiレンタル

元気を出したい時におすすめの曲10選

この記事のタイトルとURLをコピーする
スポンサーリンク

\ SNSでシェアしよう! /

郡山ナビの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

郡山ナビの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

郡山ナビ編集部

郡山ナビ編集部

ご覧頂きまして、ありがとうございます!郡山市のグルメや施設、イベントなど様々な情報を発信している郡山ナビ編集部です。取材のご依頼等がございましたら、下記のメールアドレスまでお願い致します。
editor@koriyamanavi.xyz

関連記事

  • プライバシーポリシー

  • 郡山ナビの運営者情報